WEP,WPA,WPA2,WPA3とは?〜WLANのセキュリティ〜【ネットワーク学習/CCNA】

ネットワーク

YouTubeやブログで発信している会社員💻

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
東京男子ブログ

YouTubeとブログで発信している会社員
24歳 / 東京 / SE / ☕🚲📷🍷🍚
現在は「商業高校」と「バターコーヒー」に特化したメディアを作ってます。

東京男子ブログをフォローする

WEP,WPA,WPA2,WPA3とは?⇛すべて通信規格の事

WEP⇛WPA3にかけて進化を続けている

超簡単にまとめると、

WEP(脆弱)⇛WPA(改ざん検知が可能に)⇛WPA2(IEEE802.11iの内容を反映)⇛WPA3(総当り・辞書攻撃への対策)

※IEEEとは電子や電子工学に関する学会。規格の標準化をやってる。

WEP:改ざん検知ができない。脆弱性があるため、現在はあまりつかわれていない

WPA:改ざん検知を可能になった。

(改ざん検知方法:MIC)

WPA2:IEEE802.11iの標準化が完了した後に、その内容を反映させた規格.

(改ざん検知方法:CCM)

CCMP:最長256ビットの暗号鍵でWPAに比べて格段に高いセキュリティ強度を実現

AESという強固で解読が不可能とされる暗号化方式を使っている。

WPA3:認証方式でSAEを採用したことで総当り攻撃や辞書攻撃から保護される(ログインを一定回数失敗するとブロックする)

認証方式は2パターン

PSK認証とは(SAE認証、別名はWPAパーソナル←パスワード)

事前共有鍵認証のこと、一般家庭のWi-Fiで利用される方式

Wi−Fi接続時にパスワード入力を必要とする。

IEEE802.1X認証(EAP認証、別名はWPAエンタープライズ←企業が用意したサーバーを利用)

RADIUSサーバを使用して認証を行なう。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました