TechAcademy(Java)の最終課題を取り組む直前で見たい個人的学習まとめ_随時更新

プログラミング

YouTubeやブログで発信している会社員💻

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
東京男子ブログ

YouTubeとブログで発信している会社員
24歳 / 東京 / SE / ☕🚲📷🍷🍚
現在は「商業高校」と「バターコーヒー」に特化したメディアを作ってます。

東京男子ブログをフォローする

オブジェクト指向

・オブジェクトの特徴

属性(フィールド、インスタンス変数、メンバ)・処理・機能(メソッド)

一つ一つのオブジェクトは唯一無二、オブジェクトに関係を持たせられる

クラス:Javaのプログラムの単位

メソッド:処理を一つにまとめたもの

・継承

クラスを使い回す際に差分だけを記述することが可能になる仕組み。クラス内の独自のプロパティやメソッドを差分として定義可能。継承元のクラス情報は呼び出して使う。{フィールドはgetter/setter、メソッドはオーバーライド(再定義)}

特徴:

・フィールドやメソッドは継承される

・コンストラクタやprivateなフィールドやメソッドは継承されない

・継承しすぎない(注意点)

⇛依存関係ができるため。他の人が修正する際に、読み解くことに時間がかかるプログラムになる。スーパークラスとサブクラスの影響を考慮しなくてはいけないから。

・オーバーライド

スーパークラスにあるメソッドをサブクラスで再定義

・抽象クラス/メソッド

中身のないメソッド。⇛できることリストのイメージ

活用方法:継承したサブクラスを作り、オーバーライドでサブクラス内で抽象メソッドの実装を行う。

・ポリモーフィズム

同じメッセージでも実態の方が異なれば振る舞いも異なる

例)RPGプログラムにおける魔法攻撃⇛勇者と敵キャラでダメージの計算基準を変える。

・例外処理

例外が発生する可能性のある部分をtry{}で囲む

⇛対処法はcatch{]内で記載。finally{}ではtry⇛catchの処理が発生した際の後処理を記載する。リソースの開放など

↑全ての例外処理はExceptionクラスのサブクラスとして定義。HWの問題はErrorクラスにて

JDBCドライバ(Java↔DB)

構造や機能は手順を振り返りで理解

特徴:

・SQLを簡単に利用⇛SQL使わず、Javaでデータ参照できる

・フリーワードなど、パラメータがついているもの、特殊文字対策なども簡単かつ安全に実行できる(セキュリティ対策)

・DB側とJavaのデータ型をマッピング

DAO・DTO

絵で理解

 

サーブレット/JSP(プログラマ↔デザイナー)

Javaで作ったweb系プログラムの事

⇛フロント・サーバーエンドでそれぞれのエンジニアが分担する為

Javaプログラマー:サーブレット

Webデザイナー:JSP

のイメージ

要:文法や構造はテキストの手順で理解

JSTLとEL式

⇛JSPの記述がすっきりする。タグは最低限の理解

<c:out>を使った場合、サニタイジングと呼ばれる”特定の半角記号を無害な形式に変換する”セキュリティ対策を自動で施してくれる機能がある。

フィルター:全てのサーブレットに共通した処理を実行したい時に利用。

例)文字コードの指定等

リスナー:特定の動作が発生した際に特定の処理を実行。

例)アプリケーション起動時に実行する処理等

Mavenプロジェクトへ変換する

JDBCドライバやJSTLなどをPJに取り組むため。手順で理解

最終課題対策

⇛RESTの概念に沿って7つの基本アクション+MVCパターンをもとにアプリケーション作る

・MVCモデル_リクエストからレスポンス一連の流れ

全体像

 

・RESTの概念

RESTはアプリの設計方法の一つ、リソースをURLを使って表し、HTTPメソッドを使って操作

7つのアクションで構成

index(GET):登録済みのリソースを一覧表示する画面

show(GET):リソースの詳細な情報表示

new(GET):新しいリソースの入力画面

create(POST):新規情報登録処理

edit(GET):既存のリソースの編集画面

update(POST):変更処理

destroy(POST):削除処理

ルーター⇛コントローラの部分はL15の手順を振り返り

・最終課題:日報管理システム

 

・画面遷移図

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました