SNMP学習まとめ[随時更新]【CCNA/ネットワーク】

ネットワーク

YouTubeやブログで発信している会社員💻

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
東京男子ブログ

YouTubeとブログで発信している会社員
24歳 / 東京 / SE / ☕🚲📷🍷🍚
現在は「商業高校」と「バターコーヒー」に特化したメディアを作ってます。

東京男子ブログをフォローする

SNMP

⇛近年はネットワークが複雑になっているが、その接続機器を監視・制御できるアプリケーションプロトコル

CPU使用率や、受信パケット数、部品の故障を検知できる

SNMPマネージャはUDP(ポート番号:161)を使用する

SNMPエージェントはUDP(ポート番号:162):マネージャに機器の情報を送信

SNMPポーリング:情報をくれ

SNMPトラップ:エージェントからマネージャに通信する。エージェントから一度だけしか送信されない=通信の確認はしない

SNMPインフォーム:通信の確認をする

実情はV2Cが多く使われている、推奨はV3

MIB

SNMPエージェントが持っている機器の情報のデータベース構造、ツリー

1つ1つの情報をオブジェクトといい、それぞれに識別子がついている

標準MIB:RFCで規定されているMIB

拡張MIB:ベンダー独自のデータ保管場所

SNMPで使用するメッセージ

システムログの管理

リアルタイムで確認

コマンドにて確認

RAM:揮発性のメモリ(作業台、どのくらい作業ができるのか)

ROM:不揮発性、電源を切っても記憶内容を保持、ストレージ、容量(写真フォルダー、本棚)

システムログの分類方法

種類=ファシリティ.重要度=プライオリティ

デバッグはCPUに負荷が多くかかる

⇛稼働しているルータではルーティングのためにCPU領域が使用不可になるリスク

NTP

時刻同期は障害発生時刻が分からないリスクを回避するために必要

ストラタムという階層構造で管理されている。←負荷分散を行うため、stratumは15まで構築可能、16は同期できない

NTPサーバを社内に構築するべき

⇛社内の各機器が外部のNTPサーバに同期しようとするとNTPサーバに負荷がかかりすぎる+セキュリティの問d内で外部と接続できない機器がある

CDPとLLDP

⇛隣接機器の情報を取得する、機器はちゃんと接続先が設計通りになっているか

データリンク層で動作、IPアドレスがなくても動作する

CDPはデフォルトで60秒ごとに情報をマルチキャストでVLAN1の扱いで送信

LLDPは30秒ごとに機器の情報wマルチキャストで送信

IOSの管理

IOS:ルータの中で活動しているOS

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました