Docker/コンテナについて【TechAcademy課題/まとめ】

ミドルウェア

YouTubeやブログで発信している会社員💻

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
東京男子ブログ

YouTubeとブログで発信している会社員
24歳 / 東京 / SE / ☕🚲📷🍷🍚
現在は「商業高校」と「バターコーヒー」に特化したメディアを作ってます。

東京男子ブログをフォローする

コンテナとは何か?

⇛仮想サーバーと比較すると説明しやすい。

サーバー自体を分割する仮想サーバー↔仮想上のサーバーは一つでアプリケーション実行環境のみを分離するコンテナ

メリットは、OSが共通だからパフォーマンス低下が殆どない。

課題に対しての回答としては以下の通り、

複数のアプリケーションを1つのサーバで起動したい場合に、アプリケーションの実行環境を分離する環境の事。サーバ自体を仮想的に分割するため、多くのメモリを必要とする仮想サーバと比較して、OSが共通の為、パフォーマンス低下が殆ど無いというメリットが有る。

 

Dockerが動くOSは何か?

Linux

Dockerイメージとは何か? Docker Hubとは?

Dockerイメージとは、コンテナを起動させる為のベースとなるもので、Linuxの基本的なソフトや、アプリケーション等、コンテナを構成するファイル一式が入っている。

Docker Hubとは、コンテナイメージを登録・管理するサーバの一種で、Dockerイメージを登録する事で、コンテナ作成のコマンドを入力すると、ネット経由でダウンロード〜起動が可能になる。

Dockerコンテナを破棄したとき、コンテナ内のデータは、どうなるのか?

コンテナを破棄した場合には、コンテナ内部のファイルが失われる為、データは全て無くなってしまう。
ただデータの永続化について検討を行い、コンテナ内の一部のディレクトリをコンテナを実行しているホストにマッピングするという手法等を取ることで、コンテナが無くなった際にも、ホストのデータが残り、データが永続化されるという対処はできる。

Dockerコンテナは、外部とどのように通信するのか?

まずコンテナの内部から外部に向けた通信は規定で可能。
外部からのコンテナへの接続はできない。ただ、ホストのネットワークインターフェイスを通じて通信を行い、ホストのどのポートを、どのコンテナの、どのポートに結びつけるかという点を設定することで、コンテナで通信を受けとるように構成することができる。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました