完全無欠のフィットネス
LIFE HACK BLOG TOP PAGE

3分ライフハック!「カロリー」を減らせば体重は減るのか~短期集中型ダイエットは必ずリバウンドする理由~

どうもみなさんこんにちは。

今回は

『3分ライフハック!「カロリー」を減らせば体重は減るのか~短期集中型ダイエットは必ずリバウンドする理由~』

ということで、ダイエットでよく言われるカロリー制限が本当に効果的なのか、効果的でないのならなぜか。

というテーマについてお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

3分ライフハック!「カロリー」を減らせば体重は減るのか~短期集中型ダイエットは必ずリバウンドする理由~

 

 

結論から言いましょう!!

 

カロリーと体重の減少にはあまり関係が無いです!!!

 

しばらくの間なら飢えによって、痩せることもあるし

正しい食事を行っていけばカロリー欠乏状態という目的は達成されます!

 

しかしこのような短期集中型ダイエットでは大抵の人が通常食に戻った際に

リバウンドしてしまいます。。

 

では一体なぜなのでしょうか?

 

短期集中型ダイエットがリバウンドしやすい理由

しかし、このような短期集中型のダイエットでは頭がぼんやりする→甲状腺障害が生じる→常に空腹感を感じる

というような流れで通常食に戻った際にリバウンドしやすい体にさせてしまいます。

 

 

カロリーと体重はそこまで関係ない!?

上記のことからカロリーの減らしすぎは体重を減らすためにあまり役立たないということが分かったと思います。(体を痩せ型にしない)

 

これは動物の飼育でも使われている指標で「飼育効率」という言葉でも説明ができます。

 

肉牛にエストロゲンというホルモンを投入することで

30%少ないカロリーで太らせることができるという手法です。

 

つまり少量のホルモン投与で30%オフのカロリーで牛を太らせることができるなら、

カロリーだけが体重を増やすのか減らすのかどうかの決め手ではないという事が分かります。

 

人間の一日の消費カロリーは計算できない!?

さらに人間の摂取カロリーだけでなく、消費カロリーにも目を向けると

運動や体形等の情報だけでは人間の消費カロリーの50%を計算することが難しいです。

具体的な例を出すと、人間の消費カロリーは室温、睡眠、態度、呼吸の粗さなどで

全身に測定器具を装着するような懸命な努力をしなければ、性格に測定をすることはできません。

 

異なる食品は体への影響も異なる

これは100㎉のコーヒーと

同じく100㎉のコーンシロップでは

体に与える影響が全く違うという事です。

前者ではポリフェノールやカフェインの恩恵

後者は脳のパフォーマンスを低下させインスリン値を混乱させる

という正反対の人体への影響が予測されます。

 

つまり、カロリーを厳密に管理することは難しく。

制御しても減量(痩せる)に近づくとは言い難いです。

 

結論

 

『カロリーを厳密に管理することは難しく。

制御しても減量(痩せる)に近づくとは言い難い。』

 

以上、本日もライフハック終了!!

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

タイトルとURLをコピーしました