23歳ですが会社を退職しました。

会社員

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
東京男子ブログ

24歳東京男子のブログ
◆経歴
①偏差値45の商業高校
👇健康オタクで覚醒
②無料で国公立大学進学
👇色々と頑張る
③東証一部上場某IT企業の会社員
👉東京の中央に住んでます

東京男子ブログをフォローする

先日、私事ですが会社を退職しました。

 

 

昨年にコロナ情勢下の中、大学を卒業とともに就職で上京しまして、1年弱での退職になります。

 

退職理由としては、起業したいという目標を設定した際に、現在の環境を変える必要があると考えたからです。

↑石の上にも3年という理論もあるように、この点は賛否両論あると思います。

 

5年後に起業という目標設定をし逆算して人生設計し直した

 

現在の会社では営業職として働いております。

幸い1年目からお客様にも恵まれ、2年目の今期もこのままいけば営業の年間目標も達成できるなど、大変恵まれた環境の中で働くことができました。

そんな中、突如として環境を変える決意をします。

 

退職検討理由

結論、5年後に起業をするという目標設定をして逆算した際に、現職での3年後以降のイメージが湧かず、このタイミングでより最適な環境を見つけるために転職活動を始めました。←大変失礼な話ですが、自分の本心のため記載させていただきます。

 

決して、営業を極めたから辞めるというわけでも、

1年目から結果を残して天狗になっているというわけでもありません。

 

自分の人生に対して、優先順位を考えた際に、どうしても独立する(=事業を起こす、下請けでもフリーランスという形で独立する)という点が、自分が自分の人生に満足するために必要なセンターピンだと考えました。

 

自分自身で譲れないこと

学生時代から、自分自身の環境に大変こだわりを持って生きてきました。

普段の食生活から活動する環境(勉強・仕事)に工夫をしており、その工夫をするために考えるというプロセスも大好きです。

 

しかし、現在の会社ではどうしても上記のように自分がハイパフォーマーになって、どんどんと仕事の成果を上げていくというようなワークスタイルではなく、自分のペースではなく、周囲のペースに合わせていくという働き方が求められます。

大規模な商材を扱っている営業という特徴もあり、PJの担当営業という側面と新規発掘活動を行う側面という二つの仕事概要があります。

そのため、営業としての発掘活動等の自分の力に依存する部分で圧倒的な成果を出せても、それ以外の社内調整やお客様への働きかけという部分で、苦労しました。

さらに会社の文化が古いという特徴もあり、社内報告や社内競合(担当営業同士でアプローチ顧客が被ること、明確なルールが設定されておらず、解決に時間かかる)、さらには支給される端末が低スペック、営業活動でタブレット端末が使えず、資料ベースで説明する手段しか取れない

と、上記の私の嗜好と働き方がマッチングしていないという点も大きくストレスになりました。

 

これがどうしても譲れない点でした。

なので転職先としては、

・より営業成績が個人に依存するスタイルの営業

or

・ジョブチェンジ←スキルベースで自分の評価を上げられる世界

 

現行PJに関わる中で感じたエンジニアという職種の魅力

私はエンジニアに転職する選択をしました。

需要の高い業界且つ、スキルベースで評価される世界(実力のみで評価が決まるシビアな世界)、働き方が比較的自由(←私の働く環境の効率化という嗜好を十分に活かすため)

という理由になります。

 

さらにエンジニアに興味を持った具体的な経験もあります。

現職は某SIビジネスを手がける起業でした(いわゆるSIer)

そこで1年目から契約を受注して、担当営業としてPJを任せていただくという経験をしました。

営業として受注活動(発注をいただくまでの活動)はプレゼンやお客様への働きかけなど様々なことを経験することができました。

しかし、いざPJが始まると実際に自分がプレゼンでお客様に伝えた事などは全て、当社のエンジニアとお客様側のエンジニア(社内SE、情報システム部)が進めていく形になります。

ここにも自分の目指す仕事像と現実のギャップがありました。

 

口だけではなく手を動かして課題解決ができるビジネスマンになりたい

 

もちろん営業という職種の価値はあります。

ただ私の素質論上、実際に手を動かす側に大変興味を持つようになりました。

そこからエンジニアに関する勉強を始めます。

当初は営業としてシステムに関してもエンジニア以上に詳しくなって活躍したい!というモチベーションでしたが、だんだんと実際にエンジニアとして働いていく中で具体的な技術をキャッチアップしていきたい!という気持ちが強くなりました。

 

現在のPJ終了タイミングを目安に転職活動を始める

転職活動を始めました。

実際に先日に退職をするまで、転職活動は約2ヶ月間でとんとん拍子で進むことになりました。

※実は現在のPJ途中で退職したという形になっております。この点は、本記事が長くなってしまいますので、別記事で説明させていただきます。

 

いわゆるWEB系自社開発企業に未経験ですがポテンシャル採用をしていただき、10月から働いていく形になりました。

この転職活動結果に、私個人としては大変満足しております。

 

現在の心境

 

営業からエンジニアになる事で、単に目の前の仕事に取り組んでいくだけでなく、社内・社外に発信をしていくというような必要性があります。これはつまり、活動を通じて、社内でのみ評価されるというような形ではなく、自分自身という名前で勝負していくことが求められる世界だと考えてます。

これまでの社会人としての活動の延長線として働いていくのではなく、そもそもの社会人としての在り方という根底から、自分がエンジニアとして活躍するために必要な要素を考え直し、活動していきます。

 

具体的な戦略に関してはこのブログやyoutubeを通じて発信していきたいと考えます!

今後も発信内容をチェックしていただけると大変嬉しいです!

ご覧いただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました