20代で鍛えるべきはスタンスby太田雄貴-堀江貴文の読書術-

元商業高校生の戦略

初めまして!ライフハックで天才に勝つ!

YuToBLOG|ゆうとブログ(@yuupop1997)です。

YouTubeチャンネルは写真をクリック👇

20代で鍛えるべきはスタンス

 

フェンシングの太田雄貴さんの言葉。

フェンシングでは幼少期に素晴らしい成績を収めた少年でも

年齢を重ねるうちに活躍ができなくなっていくケースが多いそうだ。

太田さん曰くそういう人は小手先のテクニックで目先の結果を出しているからだという。

僕自身も昔、高校生まで野球を続けてきたが目先の結果を求めて打撃練習や守備練習というような実践練習だけでなく、筋トレや食トレをしっかりと管理し土台となる体を鍛えていけばよかったという反省もあり、この言葉に強く感銘を受けた。

 

これはもしかしたらビジネスにも言えることかもしれない。

 

営業術や技術的なノウハウはあくまで小手先のテクニックで知識でしかない。

でも結果を出しているビジネスマンに共通しているのはこのような知識だけではなく、

人間としての一貫とした振る舞いや考え方、

スタンスだ。

20代の内はこのようなスタンスを徹底的に鍛えることが大切だろう。

具体的には、人とのかかわり方

話し方や相手の考えを理解する

人を巻き込む力
表情力(目に輝きがあり発生がいきいきしている)
振る舞い力(立ち振る舞いが美しい)
リターン力(その場で起きたことに対する適切な打ち返しができる)

さらにスタンスを決めるアイデンティティの部分で

自己宗教ともいえる哲学を持つこと

社会の情報をより多く知るための英語力

そして、その情報を理解するために社会のルールを知る。

世界史に芸術、IT・会計の知識。

を広く学んでいく!

 

堀江貴文の情報術

 

ただ情報を得まくるだけでも情報メタボに

➡インプットとアウトプットのバランスが大切

考える、調べる、試すの思考実験を繰り返し行う

 

堀江貴文のお金に関するオススメ教養本

インベスターZ
経済ってそういうことだったのか会議

武士の家計簿
日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門

英語を学ぶコスパは高い

英語を知り世界中の情報にアクセス、恋人を作って情報聞き出し
これだと思った情報に飛びつき51:49の情報で良いから勝負する

自分がやってることをカテゴリーごとにまとめてみよう
筋トレ、完全無欠の食事、水風呂とサウナー銭湯の往復、心拍数に着目したランニング

ロールモデルについて
健康本、デイブアスプリー
個人の考え方、影響力の鍛え方
プレゼン、中田敦彦
人間力、クリスティアーノ・ロナウド

男前を追い続けろ
自分が理想とする人々を見続けて吸収し続ける。自分が落ち着くためのレベルの低い情報は断する。

人を巻き込む力
表情力(目に輝きがあり発生がいきいきしている)
振る舞い力(立ち振る舞いが美しい)
リターン力(その場で起きたことに対する適切な打ち返しができる)

スキルよりもスタンス←このスタンスを鍛える方法は何か?哲学、宗教、健康

乳酸菌はナイトプロテインで取れていると仮定しよう。

では夜のランニング中に何を飲むべきか?

①ヨーグルト

②飲まずに帰宅後プロテイン

③緑茶等の抗酸化物質と脂肪燃焼の効果がある飲み物

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました