[1分でわかる!]元プルデンシャルトップ営業マン芦名祐介の仕事テク要約!

自己啓発

絶対に後悔したくない22歳営業職💪

ニコタマユウト@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

みなさんこんにちは!

突然ですが、

営業として人として、「売れる」「売れない」境界線って、

いったい何だと思いますか??

正解は、今回の1分以内で分かる営業テクの中にあります

まず今回取り上げるきっかけにもなった

芦名祐介さんについてですが、

営業の強者集まるプルデンシャル生命で活躍され、様々な本を出版されている方です。

中でも特に、

「影響力の鍛え方」

という本を私はたまたまブックオフの中古本コーナーで見つけた際に

(800円くらいで売られていましたが、、笑)

↑ ブックオフ安すぎ(笑) ↑

その本の内容がとてもわかりやすく

尚且つ

戦略が独特

毎日、本ばっかり読んでいる私の記憶にも強く残っているほどの

インパクトのある生き方をされている方でした。

一般人ではあまり考えることもしなかった

影響力の武器としての戦い方を知れる素晴らしい本でしたので

ぜひ一度読んでみてください!

さてそんな芦名祐介さんが監修された

仕事テクについて要約をしていきたいと思います!!

仕事テク要約

身だしなみ

・ 前髪を顔にかけない!

– 表情がしっかりと見えることで前向きな印象に!

電話営業テク

・ 最初の返事は爆笑で返す!

– コミュニケーションの基本は笑顔!相手に笑ってほしければまず自分から笑う!

 「すみません」 → 「ありがとうございます」に変換で印象UP!!

人との距離の詰め方

・ 相手に興味を持って質問

– 相手の物をほめたりするのはよくやりがちだが、人は褒められるよりも興味を持ってもらう方が褒められていると感じるもの。褒めが嘘っぽいとそのあとの提案も嘘っぽく聞こえてしまうかも!

提案型営業の空気つくりテク

・ 最初に「少しでも気に入らなければ断って下さい」という。

– 資料の説明だけをするのではなく、最初に断りを一つ入れていくことで、「どうやってこの営業を断ろうかな」と考えている提案先社員の頭を自分の提案に向ける。話を聞いてもらうことができる。

さらに!!

資料の説明中も相手が関心している素振りを見つけたとしても、「どうですか?」という確認を入れることで Yes or Noのどちらかを答えてもらうことが大切に!!

以上が1分で分かる仕事テクの全貌です。

最後に

営業として人として「売れる」「売れない」の境界線について

皆さんは気づくことはできましたか?

そうですよね。

この気配りや相手を慮る気持ち、さらにはそれを徹底する日々の習慣

それはつまり、

人間力

ですよね。

様々な経験をする中で、現実の厳しさを知り、

尚且つ

大きな挑戦をするときには周囲の人々と協力することが近道で、

信頼関係を築くことは絶対条件である。

ということを文章から感じさせる

強い「影響力」ならぬ

人としての「営業力」を持った

そんな方だと感じました。。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました