限りなく黒に近いグレーな心理術

元商業高校生の戦略

初めまして!ライフハックで天才に勝つ!

YuToBLOG|ゆうとブログ(@yuupop1997)です。

YouTubeチャンネルは写真をクリック👇

「人を動かすのに難解な理論やテクニックはいらない」

コミュニケーションは驚くほどシンプルである。

だから恐れないで今回紹介される知識を組み合わせて、実際に使うということが重要になる。

ウェルカムドリンクでかえって儲かるわけ

これには「返報性の法則」が使われる。

これは何となく入ったアパレル店で、店員におすすめをされた洋服を思わず買ってしまったり、コンビニに時間つぶしで入るが、気持ちの良い挨拶をもらい、何も買わずに出ることが決まづくなり飲み物を買ってしまうというようなケースで我々が体験している心理学の法則です。

つまり、、相手には先に与えた方が、「お返しをしなくてはいけない」という心理に陥らせて心理的にインパクトを与えることができます。

営業では・・お客様について調べてニッチな情報を提供することや、電話では心配をしているという思いやりを前面に出す。

人は、見知らぬ相手には冷淡な態度をとる。

これは「単純接触効果」と呼ばれるもので、わずかな時間でも何度も接する行為をすることでひそかに信頼を深められる。

人は判断に迷う状況に身を置くと、考えるのが面倒になり、差し出された答えに賛同しやすい

これは「混乱法」と言い、相手に対して問う質問をした後に、補足で説明を行うこと。

営業電話では、「現在はお客様について確認を行っておりますが、確認をさせていただきますか?一応、この業種の皆様でしたら金額も大きい関係で皆様にご協力いただいております。」

恋愛でうまくデートに誘うテクニック

「Gさん、今日は何をしてるの?」

というようなフレーズ。

これはもともと、メールをやり取りしていた時期があれば、自分の存在感を高めていく、行為が向いている場合には有効なテクニック。

つまり、気になる異性に対して、一時期に頻繁にメールをし、少し頻度を下げたり期間を開けてからデートに誘うというやり方。

さらには相手が興味を持っていた分野をメモしておき、その話を持ち出すことで相手自身の「自己の重要感」を満たしてあげられる存在になる。

待ち合わせには必ず相手よりも先に到着しておく。

相手が到着した際には「すごい待ちましたよ」とじっと見つめる。

そうすることで5~7秒間見つめるというひと目ぼれしたサイト同じような疑似体験を相手に与え、尚且つ返報性の法則を行える。

毎日、ストレスなく成長を実感しながら会いたい人に会って生活をしていけたら幸せじゃないか。

人は自分に対して内面の弱い部分をみせてくれた相手に、心を開いてしまう!?

これは「自己開示の法則」と言って、

悩み相談等を行うという手段があげられる。

さらにその返答に対して、相手の自己肯定感を強めるような称賛を絡めると印象が大幅アップにつながる。

 

グレーな心理学とは

今回はdaigoさんの著書を読み、生活に応用できそうな内容をピックアップしてまとめてみました。

このようなテクニックは、実際の人間関係で利用し習慣化することが一番だと思うので早速実践をして、相手の反応を見ながらトライ&エラーを繰り返していこうと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました