転職を決意した理由〜営業からエンジニアへジョブチェンジ〜【0秒志向】

0秒思考

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

転職を決意した理由

私は現在24歳で、会社員2年目になる年です。

そんな私がですが現在転職をかんがえております。

現在の会社がブラック企業だから、、というようなネガティブな理由ではなく、至って前向きな理由で転職を検討しております。

今回はその経緯について、ご説明をいたします。

現在の会社で働いていっても満足はしないと感じた

私はありがたいことに一年目から数億規模の契約を営業として受注することができました。

その提案から、プロジェクトの担当営業としての社内・社外の調整など、成長環境という点では恵まれすぎている環境で働くことができました。

しかし、転職を検討しました。

それがこの環境下で働いても自分が満足できないと感じたからです。

 

スキルの積み上げができる職種への憧れ

転職の志望動機

 

転職の志望動機書を作成した際に、うまく理由を考えることができませんでした。

原因としては、自分の言葉で文章を作成しようとしすぎていたからです。

さらに今回の志望動機書作成をキッカケに、本業にも活きるような気付きが得られました。

それは

人に物事を説明する際には、オリジナリティを出すよりも文章の型にはめるほうが伝わりやすい

というようなものです。

当たり前の事かもしれませんが、普段働いていく中で、基本となるこの考え方を忘れてしまっていたのです。

もしかすると私のように意識が薄くなっている人もいるかと思いますので、こちらの記事にて発信をさせていただきます。

 

就職活動の文章作成方法は基本的には、作文と同じようなイメージで、志望動機を要因ごとに分解していって型にはめていくことが、最も相手に伝わりやすく間違いが無い文章作成方法になります。

例えば、文章をいきなり考えようとするのではなく、

志望動機=「なぜその会社か?」✖「なぜその職種か?」

といったような形で、因数分解をしていき、

私はA社を希望致します。

なぜなら、「なぜその会社か?」の理由

さらに、「なぜその職種か?」の理由

上記のような形で、文章の型にはめ込んでいくというものです。

 

今後は、私の具体例を元に説明をさせていただきます。

 

志望動機について

なぜその会社か?

現在の仕事の問題点

成長が止まっている気がする

→同じ内容の事を繰り返し行っていく現在の仕事に違和感

 

 

なぜその職種か?(営業からエンジニア等の技術職を希望する場合)

スキルの積み上げが期待できる

過去の成功体験(学生時代から集団行動よりも個人行動で評価されてきた)

⇛高校時代にそれまで続けてきた野球を辞めて勉強に集中しました。野球では人一倍努力を続けていくタイプでしたが、体の大きさ等もあり実績以下の評価に不満がありました。しかし、勉強に切り替え、これまで野球への努力を勉強に切り替えた途端、高校3年時は毎月のように朝礼で表彰されるなど、比較的実績を上げる事ができた。

野球と営業の類似点

野球:素振りを1000回したからといって、全ての打席でヒットが打てるわけでもない。しかし、練習をしなくても全ての打席でヒットが打てるなど結果が出るときもある。プロでも打率3割が打てて評価される世界・

営業:毎日100件お客様へアプローチしたからと言って、営業結果が必ず出るわけではない。

⇛確率の世界、1年目の素人が10年目のベテランよりも結果が出せることもある

 

勉強・技術職の世界

1の知識は必ず1のアウトプットにつながる。

参入障壁が比較的高く(とっつきづらい)、かつ素人とプロの差が激しい

⇛比較的実力が結果に結びつく世界、ストイックな人間や趣味と仕事がリンクした人間が勝利する。

 

まとめ

 

今回は私の転職理由について発信させていただきました。

0秒志向の特性上、かなり腹を割ってお話ができたと思います。

自分自身でも考えが甘い部分があるのは理解しておりますが、上記の理由+直感を信じてジョブチェンジを決意しました。

今後も今回の転職結果について、youtubeをメインに発信していきますので、ニーズのある方はSNSフォローを宜しくお願い致します!

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました