完全無欠のフィットネス
LIFE HACK BLOG TOP PAGE

筋分解を防ぎつつ最低限の食事で筋肉を増やす方法[健康オタクの筋トレ日記6日目]

トレーニングOFF

日常から無駄を引き算する

ライフスタイルについての

技術や思考を更新しています!

どうもみなさんこんにちは。

今回は

【筋分解を防ぎつつ最低限の食事で筋肉を増やす方法[営業マン筋トレ日記6日目]】

についてお話をさせていただきます!!

スポンサーリンク

筋分解を防ぎつつ最低限の食事で筋肉を増やす方法[営業マン筋トレ日記6日目]

前回はこちら→

筋トレ日記6日目

六日目の食事

PDCA

 

起床後:グルタミン、バターオイルコーヒー

トレーニング前:プロテイン(WPC)、マルトデキストリン込みのMRP、ヘム鉄、カフェイン、

トレーニング中:BCAA、CCD(クラスターデキストリン)

トレーニング後、EAA~エネルギージェル~プロテイン

寝る前:グルタミン、EAA、マヌカハニー、魚由来コラーゲン、MCTオイル

 

試したいこと:

・トレーニング中に、ガルシニア

・成長ホルモン促進という意味でエキストラサバイブ、エキストラアミノアシッド

・夜間にもグラスフェッドギーを摂取タイミングを作りたい。

(おそらく焼き芋摂取か野菜摂取時にマヨネーズにからめるという流れになると思う。)

・甘草←ブラボロイド=オフの日に摂取することで脂肪が乗らなくなる

 

筋分解を防ぎつつ最低限の食事で筋肉を増やす。

結論から言うと、

「トレーニング前にアミノ酸を摂取し、トレーニング時の血中アミノ酸濃度を最大化させるように調節すること」が大切になります。

 

このYUTOBLOGの基本的なテーマであるのが「筋肉をハックする」というテーマで、

食事とホルモンが体を決めるという仮説の元、トレーニングはあくまで体に刺激を与えるもので、

それ以上にホルモンを重視する。

栄養摂取をコントロールすることを行ってきました。

 

バターオイルコーヒーを軸としてその恩恵を最大限受けながら、筋肉を大きくするということを目標にしたところ、筋分解という難題に直面しました。

筋分解はアミノ酸濃度が血中で少なくなるトレーニングの際に筋肉の中からアミノ酸を代謝させることによって引き起こされます。

つまりトレーニング時には血中アミノ酸濃度を高い状態に保っておかなければならない。

 

なので筋分解を防ぐためにはトレーニング前にアミノ酸を摂取。

ホエイプロテインの場合は60~70分の間で血中濃度が最大となる。

つまりトレーニングがある日の朝は、バターオイルコーヒーで目を覚まし、トレーニングの一時間前にプロテイン等のサプリメントを摂取することが大切になる。

 

今日のPDCA

 

今日は非トレーニング日で有酸素や超回復期間の短い腹筋を中心に行っていこうと考えている。

HMBやグルタミン・EAAのような減量期をイメージした栄養摂取を意識してみて、結果を分析する。

食事に関しては、毎日グラスフェッド牛と水銀の少ない完全無欠な魚、高野菜・良資質を心がける。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

タイトルとURLをコピーしました