完全無欠のフィットネス
LIFE HACK BLOG TOP PAGE

牛丼チェーン比較論 ~私の選ぶ牛丼店~

今日のニュースで引っかかった記事があった。
「吉野家」と「すき家」、明暗分けた戦略の違い
という記事だ。
私は、元吉野家従業員ということもあり、吉野家を好んで利用してきたが、
今回の記事の内容を踏まえて、もう一度考察をしてみた。
まず記事の内容の要約をすると、
・牛肉・コメなどの原材料の値上げに対して、大盛り価格の引き上げを行ったすき家、それをしなかった吉野家
・新商品の投入サイクルが高いすき家と、合同定期券など割引依存の施策を行った吉野家
→ 結果として商品の魅力アップよりも割引に依存した吉野家が営業利益が赤字になり敗北
補足)業界三番手の松屋は毎月季節限定商品を投入するなど、会計計画をうわまって売上高推移
スポンサーリンク
        1. 今日のニュースで引っかかった記事があった。
        2. 「吉野家」と「すき家」、明暗分けた戦略の違い
        3. という記事だ。
        4. 私は、元吉野家従業員ということもあり、吉野家を好んで利用してきたが、
        5. 今回の記事の内容を踏まえて、もう一度考察をしてみた。
        6. まず記事の内容の要約をすると、
        7. ・牛肉・コメなどの原材料の値上げに対して、大盛り価格の引き上げを行ったすき家、それをしなかった吉野家
        8. ・新商品の投入サイクルが高いすき家と、合同定期券など割引依存の施策を行った吉野家
        9. → 結果として商品の魅力アップよりも割引に依存した吉野家が営業利益が赤字になり敗北
        10. 補足)業界三番手の松屋は毎月季節限定商品を投入するなど、会計計画をうわまって売上高推移
  1. 考察
        1. 私が働いていたころの吉野家は、「すき家の従業員ストライキ問題」や「牛すき鍋膳の台頭」など、営業利益が前年比2倍増となり、勢いがあり業界のチャンピオンだった。
        2. しかし、現在の原材料価格の高騰や他社の季節や限定商品のチャレンジングな商品戦略に負けてしまっているということが分かった。
        3. ただ、そういった業界での他店舗との差別化としては伝統的な味をよりリーズナブルにお客様に届けるといったことにコミットするということに限ると考えた。
        4. 現状も吉野家も他社に追走し、牛皿定食や500円ランチなどの新商品よりも、吉野家の牛丼をどういったカスタマイズで提供するかという点で提案しているところからもそういった戦略となっていることが考えられている。
        5. 以上の観点から、吉野家が今回の結果を踏まえ、チャレンジングな商品戦略を追走し、三店舗の中でも質の高い牛丼にコミットすることを続けれることが大切だと考えた。
  2. 消費者として
        1. 今回のことを機に、吉野家でアルバイトをしていたことから、
        2. 吉野家を選び続けたわたくしが、すき家と松屋の牛丼を食べてみた。
        3. 結果から言うと、すき家は吉野家よりも甘い感じでおいしく食べることができた。
        4. 松屋に関しては、関東ではチルド肉のプレミアム牛めしがあるそうなのだが、地方では冷凍肉ということもあり、味は吉野家に劣るのかなというのが個人的な見解です。また、店舗によって肉の量は微妙に変わるとは思うが、特盛を頼んだのにかなり肉が少なく、そういった比率もあまり好きではないと感じた。ただ券売機付き、尚且つポン酢や焼き肉のたれ等々の調味料が幅広く置いてあるという点からもカスタマイズ性があり、色々な味を試したといった方にはお勧めだなと感じた。
        5. このようなこともあり、個人的にはやはり吉野家を選びたいと考えた。しかし、すき家もまた違った味わいを楽しむことができる点もあり、個人的に好きだった。
    1. 共有:
    2. 関連

考察

私が働いていたころの吉野家は、「すき家の従業員ストライキ問題」や「牛すき鍋膳の台頭」など、営業利益が前年比2倍増となり、勢いがあり業界のチャンピオンだった。
しかし、現在の原材料価格の高騰や他社の季節や限定商品のチャレンジングな商品戦略に負けてしまっているということが分かった。
ただ、そういった業界での他店舗との差別化としては伝統的な味をよりリーズナブルにお客様に届けるといったことにコミットするということに限ると考えた。
現状も吉野家も他社に追走し、牛皿定食や500円ランチなどの新商品よりも、吉野家の牛丼をどういったカスタマイズで提供するかという点で提案しているところからもそういった戦略となっていることが考えられている。
以上の観点から、吉野家が今回の結果を踏まえ、チャレンジングな商品戦略を追走し、三店舗の中でも質の高い牛丼にコミットすることを続けれることが大切だと考えた。

消費者として

 

今回のことを機に、吉野家でアルバイトをしていたことから、
吉野家を選び続けたわたくしが、すき家と松屋の牛丼を食べてみた。
結果から言うと、すき家は吉野家よりも甘い感じでおいしく食べることができた。
松屋に関しては、関東ではチルド肉のプレミアム牛めしがあるそうなのだが、地方では冷凍肉ということもあり、味は吉野家に劣るのかなというのが個人的な見解です。また、店舗によって肉の量は微妙に変わるとは思うが、特盛を頼んだのにかなり肉が少なく、そういった比率もあまり好きではないと感じた。ただ券売機付き、尚且つポン酢や焼き肉のたれ等々の調味料が幅広く置いてあるという点からもカスタマイズ性があり、色々な味を試したといった方にはお勧めだなと感じた。
このようなこともあり、個人的にはやはり吉野家を選びたいと考えた。しかし、すき家もまた違った味わいを楽しむことができる点もあり、個人的に好きだった。

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

タイトルとURLをコピーしました