東京男子ブログとは何か?【元商業高校生&健康オタクのSNS戦略】

SNS戦略

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
東京男子ブログ

24歳東京男子のブログ
◆経歴
①偏差値45の商業高校
👇健康オタクで覚醒
②無料で国公立大学進学
👇色々と頑張る
③東証一部上場某IT企業の会社員
👉東京の中央に住んでます

東京男子ブログをフォローする

SNS戦略

どうも、会社員2年目の24歳です。

私は大学3年生の頃からYouTubeで動画投稿を続けてきました。

今回、チャンネルの運営方法を大きく変えようと考えてます。

 

現状

東京男子ブログというタイトルでチャンネルを運営してきました。

ジャンルは元商業高校生出身の特徴を活かし、資格取得や大学進学の戦略について話すことや、健康オタクとしてバターコーヒーを使った1日1食のやり方や、筋トレの挑戦記録について投稿を続けてきました。

その結果、チャンネルは750人以上の方に登録頂く事ができました。

 

新しい目標

しかし、会社員になり、YouTubeを活用してビジネスが出来ないかという思いが強くなってきました。

直近で転職した会社にニッチジャンルで発信を続け、会社内のオフラインでも自己紹介でその活動を報告するような、SNS活動(オンライン)と会社員(オフライン)の活動をミックスしている事に大きく憧れを持ちました。

私はこれまでオンラインでの発信活動は、オフラインでは仲の良い人にしか伝えないという形をとってました。その理由として、あまりにもクオリティが低く、オンライン上の活動をオフラインで伝えてもプラスに働かないという点が大きかったです。

で、あれば、クオリティの高い活動をしよう。どうやったら、発信活動の質を上げられる?⇛手段として、特化型への転換&自身のブランディングの強化が有りました。

 

特化型への転換

まずこれまで1つのチャンネルにて運営していた内容を3つのチャンネルに内容ごとに分けます。

 

①東京男子ブログ(=元商業高校生としての発信)

ー 元商業高校生としての資格取得や大学進学の戦略。勉強方法や人生戦略。直近のコンテンツは質問いただいた内容への見解の回答「タイピング上達方法」「大学進学はどうすればできるか」などなど

マネタイズ方法:勉強に役立つガジェット類の紹介、食事について等

 

②健康男子ブログ(=健康オタクとしての発信)

ー 健康オタクとして、バターコーヒー1日1食や自宅懸垂週間など、自身がたどり着いた健康習慣を発信していく。目標は事業化、特に自宅に置く懸垂やバターコーヒー〜運動といった健康習慣を実現する為の環境にこだわりがあり、将来的な自分で商品を持つ。ビジネスとしてコワーキングスペースなどを始めるといったものに繋げたいと本気で思ってます。

マネタイズ方法:健康製品の紹介、健康オタクとしてブランディングを達成し、業界での知名度を上げていきたい。

③ゲーム実況チャンネル

ー 方針について全く仮だが、自分にかけているユーモアセンスを磨く場としたい。さらに、趣味であるマリオカートの視聴を実際に自分が行うことで、人生の幸福度を上げたいという狙いがある。

 

自身のブランディング

私が狙っているブランディングの言語化を行います。

まず上記した活動は今後、オフラインの場でも自分の特徴として紹介できる状態まで持っていこうと考えてます。

元商業高校出身⇛自分の生い立ちについて話すきっかけに

健康オタク⇛これから自分が達成したいと考えているビジョンを伝えるきっかけに

 

フォロワー1万人規模のメディアを1つ作りたい。

ビジネスに繋げたい

 

事業を起こしたいという思いが直近で強くなっております。

世界を変えたいというような大それた目的ではなく、

自分が今行っている健康習慣、作業環境の快適さを他の人にも届けたいという気持ちです。

さらにそれが事業に慣れば最高だなと感じてます。

 

バターコーヒー習慣や自宅に置いてある懸垂機について、現時点でも個人的にアレンジを加えて実践をしております。そのアレンジ部分が大きな価値だと思ってまして、商品化を考えてます。

 

ただ現時点で自分が価値を感じているからビジネス化するというのはかなりリスクがあります。

1つの証明として、自分が信じている価値は他の人から見ても価値であるという点を、このメディアを育てる過程で証明したいと考えてます。

 

大学生の頃から夢見がちな私ですが、会社員になってからも夢は見れる。そして、実現できるという点まで、皆さんに証明したいです。

とにかくがんばります。

見てて下さい。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました