映画を見ながらご飯を食べて、隙間時間で筋トレと勉強をする休日【一年目会社員の休日】

23歳会社員

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

ユウト|会社員@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

 

映画を見ながらご飯を食べて、隙間時間で筋トレと勉強をする休日

 

最近、セブンイレブンで買い物をするのが金額的と時間的な尺度で考えたときに最もコスパが良い事に気付いた。

これまではスーパーに行き買い物をしていた。

理由はコンビニよりも8割くらい価格が安いためで、飲み物からお菓子までを大量に購入していた。

しかし、サラダチキンや水2Lといったような健康食品の値段はあまり変わらず、さらにはグミなどのお菓子はスパーよりもかなり値段が張るため、コンビニで買い物をする事がお菓子等の食品に手を出さない抑止力になるという事に気が付いた。

さらにスーパーでは行列を作ることが多いが、コンビニでは平均1-2人の待ち時間を我慢すればすぐに買い物をすることができ、かなり時間的にも効率化が図れる。

 

コンビニで食事を買って、早く家に帰りゆっくりとして休日を過ごす。

 

コンビニではサラダチキンとおでんの卵、野菜一日これ一本にお菓子代わりにシナモンロールや二郎系のラーメンを食べる。

お菓子を食べるのは基本的に休日で食後に筋トレをする事を前提に炭水化物を摂取している。

さらに家に懸垂の仕組みを購入したことで部屋の中で自分の好きなタイミングで筋トレをすることができるようになった。→懸垂はやり方を工夫する事で背中だけでなく、胸や肩、腕に効率的に刺激を与えることが可能で、完全無欠の筋トレ方法だと個人的に思っている。

また休日には普段と違う場所へ電車で移動したいというような衝動に駆られるが、一日1か所と場所を決める。そうする事で移動時間のロスをなくし、さらに一回は移動をする習慣を作ることでリフレッシュになる。

 

それ以外は基本的に部屋で食事と動画を見て、隙間時間に筋トレや勉強、さらに歌を歌う等の趣味に明け暮れる。

 

月曜日の仕事のだるさを無くすために

 

私は習慣として金曜日の仕事終了時に月曜日のToDoリストを作ってから休日に入るようにしています。

そうする事で、月曜日の出社時にやるべきことがはっきりとしているため、かなりスムーズに休日モードから仕事モードに入ることができます。

というのも、休み明けの仕事が大変憂鬱に感じる時期が多くありました。

辛すぎるのでどうやったら改善ができるのかという事を考えた結果、要因として月曜日にやるべきことについてあやふやになっており、漠然とした不安があるからという事に気付くことができました。

さらに休日明けに前の週の金曜日の自分の状況を思い出すのに、苦労する事もあり、金曜日の時点で月曜日にする事を付箋にリストアップして、手帳に挟んでおくことで日曜の夜や月曜日の朝の通勤時に確認をすることができるようにしました。

皆さんもぜひ試してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました