新卒で会社を辞めたいと考えている人は日記を書くべき理由。

自己啓発

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

ユウト|会社員@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

新卒で会社を辞めたいと考えている人は日記を書くべき理由。

結論:自分の悩みを言語化する事で正しい判断ができる状態を作れる

 

もっと一日一日を記録するべきです。

何をしたのか。というようなトピックベースではなく、

自分は何に対してどんな感情を持った。というような

自分の感情が何に反応したのか。という点について記録をする。

言語化する事で自分の悩みが明確になります。

 

人間関係に悩んでいた私

 

私は職場の人間関係に悩んでいました。

特に同期との関係です。

私は営業職です。

かなり我の強い人間が周りに多いのです。

私の感覚的にこんな人にはなりたくない。痛い人間像の同期が多かったです。

 

しかし、そんな同期の何が嫌なのか。逆にどんな人間像なら許容できるのか。

という点について、必死に言語化をする事で、普段の会社員生活が変わりました。

それまでは自分の「嫌い」という感情で相手に対しての嫌悪感をいただいていましたが、

今では「半面教師」という評価をすることができています。

さらに我の強さというのは競争環境で勝利を収めるという結果を作るためには必要なもので、

同期のモチベーションを素直に尊敬できるようになりました。

 

さらに自分自身が劣等感を感じていたがために、

同期を必要以上に嫌っていたという事実にも気づき反省することができました。

 

 

生きるのが辛いと感じたら、一週間日記を書いてみる。

 

自分の日常をひたすら言語化する事で、自分の現状が理解できます。

よく現状を把握できないまま、目標や夢といったような理想ばかりを思い描き、

その理想とのギャップに苦しんで、自分はなぜこんなにも運が悪いのだろう。というような

被害者意識が増幅してしまう状態に陥る人がいます。

私もそうでした。

しかし、今の現状を生み出しているのは自分の責任であり、

さらに理想の為に行動ができていない場合は現状が変わるわけもありません。

自分の現状と理想とのギャップに気付けなければ行動は出来ません。

ただ理想が自分の現状であると勘違いしてしまう場合があります。

それが周囲の人の理想を自分の理想と設定している場合です。

残業の無い自由で公正なホワイト企業←学歴や実績、能力があり会社選びが上手い、さらには配属先に恵まれるという運が良くないと手に入れられない

⇧これは普通ではないのです。

 

なのに現状勤めている勤務先の欠点探しをして、ホワイト企業と比較して会社を辞める事を正当化するための理由探しに陥ってしまう人がいます。

そして、悩んだ先についつい出来心で会社を辞めてしまう。

もちろんとんでもないブラック企業で今にも死にそうな環境ならすぐに辞めるべきですが、たいていの人は思い付きで会社を辞めた場合、転職をしても今より待遇が下がる場合がほとんどです。

 

⇧これまで説明してきた内容は全て私の事です。

しかし、環境や運に恵まれ何とか現在も会社員を続けています。

そして、会社を辞めるための目標設定(貯金額や収入源の確保)を行うことで

希望をもって現在の会社を続けられています。

 

これらすべては現状の生活や自分の状況を理解できなくては考えられない事であり、

その為のツールが日記です。

1日1ページ分の日記を書きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました