後悔の無い人生を目指して24歳が考えてみた。「将来の自分は何で後悔しているか?」

YouTube

YouTubeやブログで発信している会社員💻

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
東京男子ブログ

YouTubeとブログで発信している会社員
24歳 / 東京 / SE / ☕🚲📷🍷🍚
現在は「商業高校」と「バターコーヒー」に特化したメディアを作ってます。

東京男子ブログをフォローする

 

将来自分は何で後悔しているか?

ネガティブなタイトルですが、スゴくポジティブな話をします。

自分は過去に「あのとき〇〇しておけばよかった」という後悔が多々あります。

例えば、

「もっと筋トレに関心を持っていれば、当時やっていた野球の結果が変わっていたのではないだろうか」
「お金に特に関心のあった高校時代からもっとネットビジネスに集中していれば、現在は会社員をやっていなかったのではないだろうか」
「大学卒業後にいきなり上京せずに地元に残っていれば、より機会に恵まれ無双することができていたのではないだろうか」

といった感じです。。

全て何の根拠もなく、かつ過去から時が経ちある程度の答え合わせができる段階での自分の思いです。

 

ただ実際に現在の自分の知識があれば、過去に戻ってより人生を好転させられるはずという自信があります。

過去には戻れない。過去は変えられない。⇛だったら今後の将来で後悔しそうな部分を予想して対策を練れば、後悔の無い未来を作ることができるのではないか

 

という超シンプルな考えに至り、今回の記事を書きます。

変えられないネガティブな過去を、ポジティブな未来を作る為に活かす。

を目標に今後の人生を考えてみます。

 

今後予測される将来の自分(3年後の27歳)

私は現在、大手企業に勤めております。会社員2年目のタイミングで営業からエンジニアへの転職を経験しました。業界もSIベンダーからWeb系の事業会社に変わっております。

そんな現状から予測される今後の自分をパターン別に考えます。

①現在の延長線:現職の会社員として一生涯を東京で終える

すぐにイメージが湧くのがこちらのパターンです。

前職も現職も東京駅付近に本社があるということで、東京の中央区に現在は住んでおります。

ただ現職がリモートワークということで、来年あたりで東京の郊外へ(アクセスの良い千葉or川崎付近)引っ越しをする。

家賃7万くらいに抑えて、会社員の年収は600~700万くらい、30代以降も年収800~900万円を稼ぎ、家庭を持ち、東京で一生を終える人生。

後悔があるとすれば、若いうちからもっとお金を稼いで、車(欲しいのはAudiの白黒モデルの車レベル)や時計(ROLEXのデイトナ)を手に入れたかった。⇐おそらく現在の会社で、30代以降などに貯蓄を重ねていけば、十分達成できる目標。大切なのはいつに手に入れるかの期間※手段については下の後悔について語る章で書きます。

現職のエンジニアでそれなりの技術+成果を残せれば、転職や独立の道も拓けるかもしれない。大切なのは僅かでもその希望を持ちながら、選択的に会社員を続けられる現在の環境の有り難み。

 

②東京〜広島:営業職を諦め切れなかったパターン

営業からエンジニア職にジョブチェンジしましたが、自分の強みは営業等のコミュニケーション力・折衝交渉力・提案力にあると自己分析してます。

 

簡潔に転職経緯だけを伝えると、、

前職では営業として幸運にも成果に恵まれている環境でした。ただ、今後のキャリアや自分の市場価値を考えたときに、マネジメントとして自分が最大限の成果を上げていくイメージが沸かなかった。プロフェッショナルになるとしても、コミュニケーション能力に全振りした営業というよりは、エンジニア等のバックグラウンドがあり、自分の知識・経験から語れるセールスエンジニアのようなスタイルの方が、自分の話し方等の強みも活きると判断した。。というものがありました。

 

このような考え方を持っている自分のため、今後は再度ジョブチェンジをする手段を持ってます。

現職では社内で職を変えられる制度があり、そのタイミングで地元+営業というキャリアチェンジを取れないかと現在は考えてます。

そうすると、東京よりも生活費が抑えられる地元で、現在と同等の収入を得られることで、①のパターンだと後悔が残った「若いうちからもっとお金を稼いで、車(欲しいのはAudiの白黒モデルの車レベル)や時計(ROLEXのデイトナ)を手に入れたい」という目標を達成できるはずという算段です。

このパターンに関しては実現可能性が100%ではないです。

3年でそこまで成長できるか、自分の希望を通せる環境なのか、不確定要素も多いですが、自分が幸せになるためには最適な手段ではないかと現状考えてます。

 

予測される将来の自分の後悔

それではやっと今回の本題です。

上記2パターンの自分は何で後悔しているのか、箇条書きで挙げていきます。

①現在の延長線:現職の会社員として一生涯を東京で終える

・もっとお金を稼いで、地位を上げられるような人生に挑戦したかった

⇛同世代で活躍している起業家やインフルエンサーを尻目に自分は何で一つの分野で愚直に努力を続けられなかったのか。⇐情熱をかけられる対象を見つける事に100%努力できているのか?

大手企業という安全な場所ではなく、リスクを取って挑戦しなかったのか。

一人で情報発信が上手くいっていないのであれば、自分と相性の良さそうな仲間を見つけなかったのか。

・地元で社会人を経験してみたかった

⇛上を見て成長・競争し続けることが求められる現在の環境だけでなく、地元の友達みたいに仕事はそこそこで、のんびりと趣味や家庭に時間を費やしながら、、という生活で良かったのではないか。

生活費(特に家賃)が安い地方で生活することで、よりお金に囚われずに意思決定ができる人生が送れたのでは、貴重な若い時間を有意義に過ごせたのでは、

 

②東京〜広島:営業職を諦め切れなかったパターン

・比較的、優秀&尊敬できる人が多い環境を捨てる後悔

⇛どれだけ地元で頑張って成果を上げても、一生劣等感を感じてしまうのではないか。

自分の成長機会を自ら捨ててしまったという後悔が生まれるのでは

 

 

後悔の無い人生を歩むために考えたこと

とりあえず直近は東京で生活します。

返さなくてはいけない恩も責任も全うしてから自分の意思決定はします。

その中で、後悔をしないためにコレは必要では?という気付きが沢山ありましたので、以下に列挙します。

 

・外的要因に影響を受けすぎない人生を目指す。

モチベーションのトリガーを自分の中に置く、オフラインの環境だけでなく、オンライン上からも刺激を受けられるようにする。

・健康を重視する。

目標は病気にならない、老化を遅くさせるという点です。30代でも色々と無茶してた20代に比べて、より元気である。という状況を作れれば、今回考えたような後悔は生まれにくいのでは?今からでも遅くないと前向きに何事にも向き合えるのでは?そう思い、より健康の重要度に気づけました。

・自分の選択肢を増やすために最大限の努力を続ける

努力するのが辛い、人生を楽しむという目的を達成する為の手段であった努力が目的化してしまうとダメ、、

というような懸念点をずっと抱えていました。

今回の記事を書いていて率直に思ったのは、

自分が100%熱を持って生きて入れれば後悔は生まれない。幸せな人生になる。

という事です。

自分が最大限のパフォーマンスを発揮できるように、自分が考えられる100%の努力を続ける。時間をなるべく無駄にしないために工夫する。

 

シングルタスクで

仕事:タスクの消化、IT知識のインプット(手段、記事&技術書)
プライベート:興味関心のある分野探し(YouTube等の受動的なメディアではなく、ネット検索や図書館等の自発的に情報へアプローチできるもの)+興味関心のある分野の深堀り&発信

これらの活動をグルグルと繰り返し続けます。

 

活動の記録は今後もYouTubeや本ブログを通して発信していきます。

もし面白いと思った方はSNSフォローを宜しくお願いいたします!

ご覧いただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました