年1.4兆円かせぐ「超社長の時間の使い方」

エンジニア

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
ユウト

ライフハックで天才に勝ちたい23歳
◆経歴
①偏差値45の商業高校
👇健康オタクで覚醒
②無料で国公立大学進学
👇色々と頑張る
③東証一部上場某IT企業の営業職(新規BtoB)
👇ジョブチェンジ
④未経験でエンジニア(勉強中)

ユウトをフォローする

年1.4兆円かせぐ「超社長の時間の使い方」

今回はこちらの動画の要約と考察をしていきたいと思います!

 

週に30時間以上働いている

 

当たり前といえば当たり前ですが、経営者の方は多く働いています。

労働時間で多くを占めるのは会議です。それだけ仕事をするうえで人と対面して話すことを重要視しているということが分かります。

 

睡眠時間が7時間以上

 

経営者はしっかりと休息をとっていた。

 

運動に45分を費やしていた。

 

時間に対する焦りを無くす。-社長のだから時間があるからそんな有意義な使い方ができる。という考えを無くす。

 

経営者は先延ばしが少ない

 

以上のことから、経営者は労働時間が長いなかでも睡眠時間や趣味に費やす時間を多く取っているということが分かった。

一般の人なら良く時間がないという理由で、仕事と生活のバランスを悪くしてしまいがちですが、

経営者は時間をより有効活用しているなと感じました。

その理由としては経営者は先延ばしが少ないということがあると思います。

先延ばしにせずにタスクを洗い出していくことで時間管理を行っていくことが大切ですね。

 

行動指針

 

睡眠時間(少なくともベッドで横になる時間)を7時間確保する。

運動、特に筋トレは時間を厳密に管理。僕の場合は一日に1時間以内・銭湯サウナを30分以内に設定。

週に生産的な活動を30時間以上確保する。(そのために事務作業は先延ばしせずに終了させる。)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました