大学を卒業して社会人になって変わったこと【0秒志向】

0秒思考

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

大学を卒業して社会人になって変わったこと【0秒志向】

 

結論、度胸がついた。

 

大学生時代

大学時代は広島県にある大学に通っていた。

高校2年生まで野球を一心に続ける。

家庭環境が変わったことがキッカケで野球を辞めてアルバイトを続ける。

「企業から奨学金を貰って、学費の安い国公立大学に合格する」

というただ一つの目標を掲げて、友人とも遊ばず、ただ淡々と勉強とアルバイトを続ける日々

そして、目標を達成した。

大学に入ってからは、高校時代の我慢の鬱憤を晴らすように様々なことに手を出した。

恋愛にサークルにアルバイト

サークルは軽音楽部のジャンルで、大学から初めてギターと歌の練習をして音楽バンドのギター・ボーカルを経験した。

アルバイトは高校時代は飲食しか雇って貰えない状況だったから、アパレル2店舗、営業(インサイドとアウトサイド両方)、結婚式場のカメラマン、クリーニング(店長公認で仕事中にパソコンが触れたので)と様々な環境を経験した。

 

当時は大学生から起業したいという漠然とした思いがあった

しかし、大学3年生で家族が病気になったときに、助ける力の無い自分に失望して、起業して一か八かの勝負をするよりも、大手・優良企業の船に乗って、自分に着実と力を付けていきたいという思いが強くなり、就職活動に精を出す。

 

結果的に東証一部上場で営業利益率が業界で圧倒的にトップ・高給取りというような企業から内定を取ることができた。

社会人になって

 

社会人になって当初は会社を辞めたいという自分の弱い部分が出てきた

コロナ情勢下もあり世界全体の経済が危機になる状況で、環境に依存するのではなく個の力をガラパゴス的に強くしていく生き方を選びたい、という思いで退職を検討した。

しかし、逃げている自分への嫌悪から1ヶ月間死にものぐるいで働いて、結果を出すという目の前の壁に向き合おうと思い活動した結果、営業職として約1億円規模の案件を受注する事ができた。

営業の仕事自体は楽しくなかったが、所属する組織の数字貢献(お世話になった上司への恩返し)+初受注した案件を円滑にすすめる(社会人としてだけでなく、人間として尊敬しているお客様への貢献)という思いで仕事に精を出す。

営業としての活動量では所属組織で1位を取るなど成果が出せた。

 

しかし、常に気分は晴れない。

なぜなら、現在の仕事を続けても自分が自分の人生に満足するような人生を歩めない。報われない。という気持ちがあったからだ。

 

ただ目の前の仕事に集中してきた。

 

初受注案件が円滑に進み、終わりが見え始めた頃、転機が訪れる。

この頃は営業として働きながら、エンジニアに関する勉強を始めていた。

初受注案件を獲得してPJを担当営業として進める際に、様々なエンジニアと関わる機会が増え、自分はもっと技術を着実に身に着けていく仕事がしたいという思いが強くなっていたからだ。

 

初めての転職活動

 

勉強をすすめる中で、エンジニアとして成長するなら、現職の傍ら勉強を続けるのには限界がある+Web系自社開発企業という環境が社内エンジニアの育成と企業の成長がリンクしており、成長できる環境が用意されているという事実を知った。

そこで現在のPJ期間の終わりを目標に転職活動を始めた。

学生時代の就職では内定を頂くことができなかったような企業だったが、自分が理想とする環境が用意されている企業の求人を発見して応募をした。

運にも恵まれ、見事その企業から内定を頂くことができた。

 

自分が変わったこと

 

普遍的なことは目標に向けて努力ができること

社会人になり営業を経験する事で、自分よりも格上の人々へ相手の考えを考慮した上で自分の考えを発信するような折衝交渉力が鍛えられたと思う。また、社会人になった当初に初めて自分の人生を不安視するというような、情けなくて自信がなくて努力する気力が失われるような状況を体験したが、それを乗り越えられたという自信を手に入れられた。自分にとっては、社会人になった当初に感じたネガティブな気持ちは、かなりのストレスであり、乗り越えたことで、自分は少々の壁なら乗り越えられる!という自信を手に入れられた。

 

まとめ

 

今回は私の大学卒業から社会人になるまでの経緯と、変わったことについて発信をしました。

0秒志向では自分の志向を好き勝手に書きまくらせていただきます。

本記事がもし同じ境遇にいる方の何か参考になれば嬉しいです。

ご覧頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました