営業マンには意外な落とし穴があります。

元商業高校生の戦略

初めまして!ライフハックで天才に勝つ!

YuToBLOG|ゆうとブログ(@yuupop1997)です。

YouTubeチャンネルは写真をクリック👇

営業マンには意外な落とし穴があります。

 

そしてその罠は突然に訪れてしまう。

それは、

ずばり、、

クロージングの際です。

大きな取引の話をまとめようとしているときも、

些細な言動でお客様に不安を与えてしまう。

例えば、取引先のちょっとした質問に適当な返答をしてしまったり、

世間話で知識のなさを露呈してしまったりと、、

相手は取引相手として、大きなリスクを抱えて発注をしている。

 

「いい加減」では営業マンはつとまらない。

 

 

日頃からレスポンスにこだわりを持つ。

尚且つ知識を浅く広く持ち、知らないなりにも興味を持って質問ができる

土台を作っていく。

「ホウレンソウや挨拶・お礼」

当たり前レベルを上げていく。

ビジネスや人間の社会でマナーは目立たぬように見せかけながら、

生々しく息づいている。

神は細部に宿る

つい見過ごしてしまうものにこそ、事を左右するカギがある。

 

「憂鬱でなければ仕事じゃない」

 

 

今回は藤田晋さんと見城徹さんの「憂鬱でなければ仕事じゃない」

という本から、

 

人の基本というテーマで書かれていた営業マンのエピソードをピックアップして記事にさせていただきました。

 

私としても営業の際に最後の最後でお客様からの質問を簡単に答えてしまい不審がられてしまった経験がありましたので、

 

 

とても身に染みる思いでこのエピソードを聞いておりました。(笑)

 

 

このような人の基本ともいえるマナーや対応は日常レベルから意識をすることが大切で、

 

 

ビジネスは数値目標が目的ではなく、

 

 

あくまで人と人の信頼関係構築、

 

さらには関わり合い相乗効果を起こすことが目的であるということを再認識させられました。

 

 

さらには、結果の出ない社員ほど、

 

 

プロセスを目標にし結果以外の部分を評価してもらおうとしているという点もとても印象に残りました。

 

 

私自身も営業の際には件数を目標にしていて受注等の結果に関しては、

 

 

成績が上がっていない時ほど目を背けてしまっていた経験がありました。

 

 

このような意識レベルの課題は、

 

実際に

何人もの営業パーソンを

マネジメント・目利きしてきた猛者

だからこそ気づく点だと思いますし、

 

 

この内容を知ることができただけでもこの著書を手に取った価値があったなと強く思いました。

 

皆さんもぜひ本屋に立ち寄られたのなら、チェックしてみてくださいね!!

ご覧いただきありがとうございました。

次回もお楽しみに!!

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました