完全無欠のフィットネス
LIFE HACK BLOG TOP PAGE

人生の目的について~SWOT分析を使った自己分析~

今回は

『人生の目的について』

というタイトル通り、進学や就職など人生の選択時、さらには面接等で自分語りをする際には必須となる

自己分析を通じて人生の目的について考えていきたいと思います。

 

・厳しい環境に身を置く

・習慣改善で当たり前レベルを上げていく

ことで必ず弱みを強みに持っていくことができると確信している。

戦略的に自分をアップデートしていきます!!!

スポンサーリンク

SWOT分析

まずSWOT分析を使い、相対的に見た現状学生である自分の強み、弱み、機械、脅威について考えてみる。

 

自分の現状の強み:

・高校生時代に日商簿記二級や基本情報技術者、FP2級、リテールマーケティング2級などの様々な国家資格

・大学2年次にアパレル店でのアルバイトで歴代個人最多売上達成した提案力&分析&試行錯誤できる忍耐力

・中学時代にキャプテン&選抜チームでもキャプテンを経験

・大学2年時に音楽バンドをメンバー集めからライブ演奏までを経験

・母子家庭で高校時代から学費をアルバイトで捻出しながら、資格取得。企業からの給付奨学金&学費が少ない国公立大学への進学達成した経験。

 

自分の現状の弱み:

プログラミングや英語などの需要の高いスキルが標準並み

 

ストレス耐性(周囲の人から強烈な批判を受けた経験なし) ← 顔出しyoutubeや、クレーム数がNo.1の業界でのアルバイト、その他苦手分野に挑戦し、現実の厳しさを痛感することで改善中

 

めんどくさがり屋な性格 ← 無駄なことに時間を費やしたくないや効率化を好むという利点もあるので、本当に大切なことや、人間関係構築で必要なまめさに関しては習慣で対応。プログラミングや英語、動画編集など地道さが求められるようなスキルを身に着けるために、習慣プラスお金をかけてあえて投資していくことでサンクコストを嫌がる気持ち利用で努力していく。

 

理解力&時間に対するコミットが弱い ← 急いで考えるという習慣を取り入れる。

 

自分の価値観について

人生で幸せに感じたことや悔しかった経験、コンプレックスから

自信が求めていることを潜在意識のレベルを把握することを目的に行う。

 

自分が幸せに感じたこと

承認欲求 自分の努力や成果が評価された瞬間(しかし実力以上に評価されるとプレッシャーに、ただし評価されてしまった場合で、期待されると力を発揮し、努力できる ← さらにこの期待は相対的に1位の期待だと最も承認欲求が最大化)

→ 優秀な人材がひしめく企業よりも自分が評価され尚且つ一番になれる環境

自己成長 成長させてもらっているという環境ならプライベートがなくなろうが、給料が正当に支払われない場合も自分で納得できる。 ← 母子家庭で貧乏時代に自分にスキルや客観的に評価されるライセンスを手に入れることがお母さんや家族、自分を安心させるという状況で生きてきた経験から生まれたのか

→ 人からの客観的に評価される指標を伸ばせる職業 (指標例は、年収(何円稼いだという客観的事実が欲しい、資格や何かを作り形に残せる努力など)

 

コンプレックス

学校等のコミュニティ内での友達関係というような抽象的な対人関係 ← 共に刺激しあうような野球というスポーツの人間関係を経験し、当時から野球部ノリみたいなものには興味を持てなかった現実主義な性格、大人数のパーティよりは一対一でお互いの人生や目標について語り合うといった遊びが好きな性格(これが一番の課題)

 

人生の目的

 

 

 

 

誠実性を見失わずに働きたい。

感謝している周囲の人を楽にさせてあげたりできるレベルの収入レベル

さらにそれを達成するために『一流』になる。

分野を選定してそこに圧倒的時間を投資。

 

10年後は仕事で日本を底上げしていくことに関わっていきたい。

 

量が質を生む

 

 

内部分析から分かった弱みの改善には時間がかかると思う。

習慣から生まれた自分の弱みは、テクニックで変われた気がしても心理のもっと深い位置で存在し続けているから。

ただ

・厳しい環境に身を置く

・習慣改善で当たり前レベルを上げていく

ことで必ず弱みを強みに持っていくことができると確信している。

戦略的に自分をアップデートしていきます!!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

タイトルとURLをコピーしました