ロジスティクスネットワークモデルの目標。

自己啓発

絶対に後悔したくない22歳営業職💪

ニコタマユウト@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

どうもみなさんこんにちは。

今回は、

ロジスティクスネットワークモデルの目標

について紹介をさせていただきます!

これは大学の授業課題で論述した内容ですので、

良かったらこの記事を参考に学術論文等の執筆をされてみてください!

1.サプライチェーン全体を通したストラテジック(戦略的)な意思決定を包括的に支援

例:どこから原材料を調達するか、どの工場のどの生産ラインで生産するか

2.サプライチェーン全体(もしくは一部)に対するタクティカル(戦術的)な意思決定を支援

例:いつどこから原材料を調達するか、いつどの工場のどの生産ラインでどれだけ生産するか

最近の動向としては、サプラチェーンのグローバル化が進み、ロジスティクスモデルを世界規模で行う必要がある。

基本的に一つの国または地域経済統合を対象としたドメスティックモデルから、

複数の国家群を扱うグローバルロジスティクスネットワーク設計モデルと変化。

ドメスティックスモデルとの大きな四つの違い

1.輸送時間並びにリードタイムが長く、需要、為替など不確実性が多い

2.テロ、災害、事故などの様々な要因を考慮する必要がある

3.関税、関税免除、国産化率などを考慮して製品の調達や生産を考える必要がある

4.国ごとに法人税率が異なるため、移転価格を調整して利益の配分を合法的に行う必要がある

移転価格・・・ある国で製造した製品を、別の国に属する同じ企業体の別部門に輸送したとき、会計上の処理をするためのその製品の価格のこと

ー国ごとに法人税率が異なるため移転価格を上手に設定することによって国に収める税金をやすくすることが可能に。⇚ これは最近でもよく企業が減税のためにシンガポールに本社を移転するなどしていることがニュースで報道されていますね。

最終湯用に対する価格付け:収益管理もしくは動的価格付け

需要を価格の関数と仮定すれば比較的用意に解ける

P=cD + b

P = 価格、D = 需要

不確実性への対処として

1.冗長性:安全在庫や生産容量

2.標準化:互換性をもたせ、サプライチェーンに柔軟性をもたせる

費用とのトレードオフ関係

単なる費用の最小化を目的とせず、様々な不確実性要因に対処できるように頑強かつ柔軟性を持ったネットワークを設計する必要がある。

ー確立計画によるアプローチ

ーもしこうなったら分析

ーロバスト最適化

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました