まだやれることがあるはず。【新卒一年目営業職の学び】

23歳会社員

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

ユウト|会社員@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

 

まだやれることがあるはず

 

逆境に立たされても、何をするべきか分からない状況に陥っても、

自分ができることを一つ一つアウトプットしていく

中田敦彦さんの幸福論を読んで学びました。

 

営業職1年目という現状

 

自分はどう在りたいのか。

毎日の仕事の先に何があるのか。

幸い今は恵まれた環境の中で働けていると思う。

残業や激務も仕事が楽しいので全く嫌ではない。

ただこのままで良いのか。これが自分が目指していた状態なのか。

お金・人・時間の使い方←これらの有限な資源の使い方を考える。

お金はどのくらい稼いでどのくらい使いたい?

 

→お金は20代のうちに沢山稼いで、若いうちに自身の体験に使い切りたい。

 

海外旅行も外車や高級時計をつけるステータスも高級マンションで過ごす優雅な時間も若いうちに経験せずに、30代、40代で経験をすると後悔するタイミングが来ると思う。

若いうちに体験をしておけば、もっと仕事を頑張ろうという気持ちになれていたかもしれない。もっとビックになりたいと感じたかもしれない。←これは元々、プロ野球選手を目指していて、その夢が破れて会社員という現実を知った時に、死ぬほど努力をして野球選手を目指せばよかった。という後悔に少し似ている。若いうちにその気持ちを味わうためには野球選手になる疑似体験とサラリーマンという現実を知る疑似体験をするべきだった。現在はお金持ち、経営者・投資家の人のような体験を疑似体験するべき。

 

人は自分の足りない部分を補完してくれるようなパートナーを見つける。

→どんな人が良いのかわからないから、色んな人と会って(自分の価値観を知っている)その人との未来を想像して判断していく。

 

恋人と別れる→異性と交流をする機会を増やすことができる。

友人を固定で作らない⇒自分に話しかけやすい状態を作る

自分の考えを発信をする→他人は自分が思っているほど自分の事を考えていない(認識していない)存在感をアピールし、価値観を発信することである程度の自分の価値観を知った状態で話すことができる状態を作る。

 

時間の使い方はインプットとアウトプットの量をもっと増やす。

 

→悩み事を漠然とするプロセスの時間が長い、インプット(ニュース・ブログ記事、本、人と話す)&アウトプット(日常生活での説明、仕事でのプレゼン、YouTube・ブログ・日記のツールを使った経験の言語化)のサイクルを高速で回す

 

インプットとアウトプットの習慣は筋トレのように習慣にするべき。

朝起きて5記事を読んで5ツイートを発信するみたいな。

電車の中等の移動時間では調べ物をしてまとめたものをブログのネタにするみたいな。

自分が継続できる形で習慣化する。

そして、中長期的にインプットとアウトプットのマッチョになれるように筋トレ感覚で力をつけていきたい。

 

直近のやる事リスト

 

・会社員で契約を一本取る←プロジェクトを一回経験して、二回目の体験時に自分の力で回す力を養う。

→タイミングを見計らって退職:自分で営業が完結できる自信、副業で本業以上の収入、独立する仲間を作る

 

・時計買う(受注後)、銀座or汐留に引っ越す(2月)

・仲間を見つける←どうやったら良いのか、とりあえず発信を続ける、人に会う努力をする←会社の営業活動も利用できる

・スキルつける←自分のプレゼン力という強みを直近は活かす、自分の第二の強みを育てる

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました