【全商7冠】元商業高校生から国公立大学進学を達成したブロガーが考える資格取得戦略。

エンジニア

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

ブログ運営者情報
パグ夫さん
ユウト

ライフハックで天才に勝ちたい23歳
◆経歴
①偏差値45の商業高校
👇健康オタクで覚醒
②無料で国公立大学進学
👇色々と頑張る
③東証一部上場某IT企業の営業職(新規BtoB)
👇ジョブチェンジ
④未経験でエンジニア(勉強中)

ユウトをフォローする

今回は

【資格戦略】元商業高校生から国公立大学進学を達成したブロガーが考える資格取得戦略。

というテーマを解説していきます!

 

完全版動画はこちら👇

 

僕は元商業高校出身で商業高校から国公立大学へ進学した過去があります。

さらに商業高校時代に全商7冠に日商簿記2級と基本情報技術者取得、FP2級にリテールマーケティング検定2級、秘書検定2級と

かなり真面目に大学進学に向けて、資格取得を行ったという過去があります。

それ以外にも情報処理部で全国大会出場や奨学金を給付していただき無料で大学に進学するなど、特徴的な経歴もあることからYouTubeを使って、情報を発信させていただいています。

 

そんな僕が今回は、商業高校時代に実際に行っていた資格取得戦略について解説をさせていただきたいと思います!

商業高校に通われているすべての学生の参考になれば嬉しいです!

 

 

大学1年生から大学2年生の4月までは全く勉強をしていなかった僕

 

僕が通っていた商業高校は偏差値が45で部活動が盛んな商業高校でした。

そこで僕は野球をするために進学をしました。

伝統のある野球部で野球の技術だけでなく人間として成長したい!という強い想いを胸に、

朝は4時起き、夜は22時に帰宅。

という生活を繰り返す中で、「勉強」という2文字は全く入る余地もありませんでした。

 

 

そんな中、1年が過ぎた頃、

 

家庭環境の変化。アルバイトで学費を稼ぎながら勉強する新しい商業高校生活。

 

高校二年生になると家庭環境が変わり、野球部を辞め、アルバイトで学費を稼ぎながら勉強しなくてはならないという状況になりました。

ただこの際に全くネガティブな気持ちではなく、

よし野球にかけていた情熱をそのまま新しい何かにぶつけるぞ!というポジティブな気持ちになっていたことを覚えています。

 

高校二年生11月で初めて取得した資格

 

僕が初めて取得した資格は

日商簿記2級でした。

それまで何と全商検定もビジネス文書の片方1級と電卓1級とバラバラに取得はしていたのですが、初めてちゃんとした資格を取得できたのは日商簿記2級が初めてでした。

 

2週間で勉強。

これは僕が怠惰さが原因なのですが、勉強機関が2週間で日商簿記2級を受験しました。

2日間ほどで教科書を全範囲とりあえず読み、その週の土日を使って、会計を扱う専門学校で1日マンツーマンで教えてもらうという有り難すぎる機会をいただき、一気に合格レベルまで力をつけ、残りの1週間を使って、網羅的に穴が無いように勉強をし、結果的に100点満点で合格することができました!

 

 

高校3年生の最後の1年間で怒涛の資格ラッシュ。

そこから怒涛のラッシュです。

ITパスポート(高校二年12月)➡基本情報技術者(高校三年3月)
FP3級(高校二年1月)➡FP2級(高校三年7月)

と国家資格などもグレードアップしていき、

学費を稼ぐために続けたアルバイト経験をより魅力的にアピールするためリテールマーケティング検定2級を取得し、狙っていた大学のカリキュラムを調べたところ発見した秘書検定2級を高校時代に取得し、

全商検定は7冠を達成しました。

 

全商検定は商業高校生同士を比較する指標に過ぎず、本当の差別化は国家資格or公的資格or人生経験で行う。

 

商業高校に進学すると、全商検定を取ろう!という風に教えられると思います。

この考えはシンプルで、商業系の勉強をしてこなかった学生がステップアップするうえで取得していくことは正しいと思います。

しかし!

僕がこのブログでYouTubeで目指しているのは、

商業高校生でも叶えたいキャリアを掴み取る!

というテーマであり、全商検定を言われたとおりに取得するだけではダメです。足りません。

 

目標の為、戦略を立てましょう!

 

全商検定は商業高校生同士を比較する1つの指標に過ぎません。学校内の成績のようなものです。

一般的な人の知名度は低く、その資格を沢山取るだけでは、本当の差別化とは言えません。

 

では何が大切なのか??

 

 

それは

国家資格or公的資格or人生経験による差別化

です!

僕は成績オール5&全商7冠以外にも、

上記してきた国家資格&公的資格をただ取得するだけでなく、さらにアルバイトでの社会経験+大会のみ出場した情報処理部で全国大会出場+奴隷といわれる野球伝統校の1年生時代

を経験し、その経験に絡めた資格取得を行いました。

そうすることで国公立大学へ進学するだけでなく、企業から奨学金を給付していただくことで学費を無料にして学生生活を送ることができました。

貧乏だった僕でも自分が進みたいキャリアを掴むことができたのです!

 

この方法をこれからのブログ&YouTubeでお伝えをしていきます!

 

さらに僕は現在大学四年生でこれから社会人として挑戦をしていく身分です。

商業高校生でこれからキャリアを掴もうと奮闘している皆さんと同じ立場です。

一緒に頑張りましょう!!

 

 

商業高校生が国公立大学へ進学する為の資格取得戦略。【日商簿記にITパスポート・基本情報技術者・FP・リテールマーケティング検定・秘書検定】

 

動画で解説しているのが上の動画です!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました