【自宅ジム】会社員が懸垂マシンとエアロバイクを自宅に作りQOLが爆上がりした件

ニュース

ライフハックで天才に勝ちたい23歳💪

東京男子ブログ@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

自宅にプチジムを作りました。

 

 

どうも、新卒2年目営業職です!

今回は自宅の運動環境を整備した結果、QOLが上がった話をしていきたいと思います!

メリットの紹介からアイテムの紹介という流れでご説明をしていきます!!

 

自宅ジムのメリット

①自然と運動習慣が身につく

→私はこれまで某フィットネスクラブに通っていました。

ただ会員制のジムであるがために以下のようなデメリットを感じてました。

・周囲の目が気になる
・運動する際に準備が必要(着替えや運動靴の準備)
・時間帯によっては混雑しておりトレーニングに時間を要する

 

これらすべてのデメリットを、

自宅ジムというソリューションで解決することができるんです!!

①’自宅ジムの場合

 

・周囲の目が気になる→家には孤独な男が一人
・運動する際に準備が必要(着替えや運動靴の準備)→お風呂上がりに裸でもOK
・時間帯によっては混雑しておりトレーニングに時間を要する→一人、裸で黙々とトレーニングのみに集中ができる

 

最高です。

 

 

②意外とコスパが高い

 

会員制トレーニングジムに通うよりも自宅ジムの方が圧倒的にコスパが高いんです!

例えば、会員制トレーニングジムに2年間通うとすると大体7500円/月*24=180000円の投資が必要です。

自宅ジムの場合で、この180000円の投資ができれば、全身が鍛えられるだけのトレーニング器具の導入は可能です!

さらにトレーニング器具の選択によっては、コストを更に抑えることもできます!

※ただし幅広いトレーニングのニーズがあるマッチョやアスリートは除く

 

例えば、私の場合は、

・テーブル付きエアロバイク(トレーニング 兼 読書時に使用)

 

 

・懸垂マシン

 

 

・ゴムチューブ

 

 

これらの機材を合計4万円以下で導入を達成しております!!

 

筋トレに時間を捻出できない会社員は特におすすめ!

 

会社員になって、ジムに行ってもそこまで筋トレに時間をかけられない、

さらには筋トレが体型維持等の理由になっている会社員には特におすすめです!

 

例えば、会員制のジムに週2回通うとします。

往復で徒歩10分程度かかっているとすると、一ヶ月あたりで 1時間20分の時間を無駄にしています!

自宅ジムに変えることで1時間20分間を筋トレに充てる事ができるのです!

さらにジムに行くのがめんどくさいから運動しないというような機会損失も自宅ジムの場合は解消できます。

なぜなら、ジムはいつでも目の前にあるからです。笑

 

私は自宅ジムを作ってQOLが爆上がりしました、みなさんもぜひ試してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました