『隷属なき道』-1日3時間労働の未来?-【ミニマム要約】

自己啓発

絶対に後悔したくない22歳営業職💪

ニコタマユウト@yutofieldblog)です。

記事をご覧いただきありがとうございます!!

こんにちは.YuToBLOGです.

 

今回は,

『隷属なき道』-1日3時間労働の未来?-【ミニマム要約】

について,紹介をしていこうと思います!

貧困とベーシックインカムについて書かれている本ですが,

今回は「貧困のそもそもの原因となる構造」について,

ミニマムに紹介をさせてください!

隷属なき道3つのポイント

 

①貧困こそが解決すべき最大のイシューである
②格差拡大は構造化されている
③ベーシックインカムの効果は実証済みである

 

①貧困こそが解決すべき最大のイシューである

 

もし,

お金がない!

食べ物が無い!

と超短期的な危機:「不足」が迫った場合,

人は長期的に大切なことに全く視野が入らない..

つまり,

『怠ける➡貧しい』というような単純な因果ではなく

貧しい  ☞   判断力低下

☝          ☟

怠ける   ☜  短期的なことしか見えない

というサイクルが回ってしまっている!

 

②格差拡大は構造化されている

 

超高度な技術を要する仕事とそうでない仕事の差は広がり「中間」が徐々に減りつつある

 

③ベーシックインカムの効果は実証済みである

 

ベーシックインカムのようなフリーマネー(無料でお金を配ること)は人を怠けものにする!というのは幻想で

・犯罪率現象や成績向上につながる

・健康にもプラス

・社会福祉策よりも安く効率的

という証明がされている➡つまりゆくゆくはベーシックインカムが社会の常識になる可能性大

 

隷属なき道を読み終わって

 

堀江貴文さんがベーシックインカムについて説明されているのを始めて聞いたときは,

「確かに合理的だけど現実味が無い」という印象でした.

しかし,今回「隷属なき道」を読んだことで著者の説得力のあるロジックから

確かに今のままの仕組みでは問題があり,フリーマネーのような解決策は自然なものではないか

と考えるようになりました.

社会福祉などの政治に近い分野の知識は自分は皆無でしたので

これから深堀りして考えていかなくてはなと思いました!

 

この記事が気に入ったら
いいね! しよう

Twitter で
タイトルとURLをコピーしました